プラセンタ点滴効果」カテゴリーアーカイブ

プランセンタ点滴で自律神経が整うメカニズム

Published / by Placenta / Leave a Comment

プランセンタは美容成分として注目を浴びていますが、
もともとは医療の現場で使用されていました。

プランセンタは哺乳類の胎盤から抽出される
エキスのことで、この胎盤で受精卵が胎児へ
成長することからもわかるように、成長に必要な
あらゆる栄養素が豊富に詰まっているものです。

その栄養素とは必須アミノ酸やタンパク質、糖質をはじめ、
ビタミンやミネラル、核酸、酵素などです。

効果

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。

交感神経は主に昼間、緊張感やストレスを感じている
ときなどにはたらいています。

副交感神経は主に夜間、睡眠時や安静時、食事中など
リラックスしているときにはたらいています。

この2つの神経のバランスは、生活リズムの乱れや
過度のストレス、環境の変化、女性ホルモンの乱れなどで
崩れることがあります。

すると自律神経が正常に働かなくなり、慢性的な疲労や
不眠、めまいや動機、頭痛や耳鳴り、便秘や下痢などの
体のトラブルに加えて、イライラやうつ症状などの
精神面の不調も引き起こします。

そのようなときは、ビタミン剤やホルモン剤、
抗うつ剤などを使用することもありますが、
薬やサプリメントを口から摂取することに比べて、
プランセンタ点滴は直接血液中に栄養素を
注入できるので、即効性が期待できます。

ケア

一般的に点滴とは静脈注射を指すもので、有効成分を
血液中に取り入れることで、体全体に素早く
行きわたるので即効性は確かなのです。

吸収力についても点滴の方が注射に比べて
5~10倍高いといわれています。

プランセンタ点滴をすると必須アミノ酸、ビタミン、
糖質が体内の内分泌に作用し、正常なホルモン分泌を
促すことによって自律神経のはたらきを
正常にする効果があります。

更年期障害に悩み始めたらプランセンタ点滴を

Published / by Placenta / Leave a Comment

近年では、更年期障害の治療のひとつとして
プランセンタを使った治療が注目されています。

更年期障害とは、加齢に伴い卵巣機能が低下することで
女性ホルモンが減ることでホルモンバランスが乱れて、
自律神経や体調不良、精神的な症状が現れる
障害のことをいいます。

症状の重さは個人によって異なりますが、重い場合には
うつ病なども併発してしまうこともあるため注意が必要です。

一般的な治療法としては、ホルモン治療が行われます。

不足したホルモンを外側から補うことで改善を促します。
効果が高いですが、副作用によるリスクもあり、
他の病気を持っている場合にはできない場合もあります。

プランセンタ点滴はこのような副作用がなく、
安全性が高いという特徴があります。

改善の

特に辛いイライラやめまい、頭痛などの症状に対しては
プランセンタ点滴がオススメです。

美容目的であれば保険適用されることはありませんが、
クリニックで更年期障害と診断されればプランセンタ点滴でも
保険を適用することができます。

点滴として使われるのは、「メルスモン」というヒト由来の
プランセンタが一般的です。

大きな副作用が出たという報告はないため
安全性の高い薬と言えます。

なおす

しかし、この治療を行うと献血ができなくなるなどの
注意点もあるため、事前にしっかり医師と相談してから
行うことが大切です。

また、毎日続けたいという場合には点滴ではなく、
サプリメントで取り入れていくこともオススメです。